商品検索 商品カテゴリー おすすめ商品 売れ筋商品

 シルバーアクセサリーの お手入れ & 保管方法

 ☆シルバーアクセサリーの手入れ方法と保管方法をご紹介します☆
 ☆適切な手入れと保管でシルバーアクセサリーを変色から守りましょう☆

シルバーアクセサリー等の銀製品は正しい方法で手入れ、保管しないと変色し輝きを失ってしまいます。
大切なシルバーアクセサリーがいつまでも美しく輝き続けるためには
適切なお手入れと保管が必要です。


 シルバーアクセサリーのお手入れ

 ☆シルバーアクセサリーの変色防止は日頃のこまめなお手入れが大切です☆
 一度身につけたアクセサリーには
 汗や化粧品などの見えない汚れがついてしまっています。
 保管する前に簡単な方法で手入れをしておきましょう。
 シルバーアクセサリーの汚れはシルバークロスまたは柔らかい布でふき取ってください。
 特に汚れが気になるときは中性洗剤をぬるま湯で薄め、タオルで固く絞って拭いてください。
 細かい部分のお手入れには綿棒を使うと便利です。
 最後に乾いたタオルで水気をよくふき取ってください。

 シルバーアクセサリーの変色を防ぐには・・・

 ☆正しい手入れと保管で銀の変色を防止しましょう☆
 ☆シルバーの変色防止製品を使用すれば、その後のお手入れも楽になります☆

ジッパーつきポリ袋に入れて保管する もっともお手軽な保管方法です

 銀を外気から遮断し変色を防止するために
 使用しないシルバーアクセサリーは専用のジッパーつきポリ袋に入れて保管しましょう。
 専用の変色防止パックに入れて保管すると、約5年間シルバーの変色を防ぐことが出来ます。
 または、変色防止効果は十分ではありませんが
 市販されている一般的なジッパーつきポリ袋で代用することも出来ます。
 その場合ポリ袋を輪ゴムでとめないようにご注意ください。
 (輪ゴムには銀を変色させる成分が含まれている場合があります。)

シルバースプレーで磨く 少し手間をかければその後のお手入れが楽になります

 変色防止効果のあるシルバースプレーを吹き付け、
 柔らかい布で磨いておくと黒ずみや変色が取れると同時に、
 数ヶ月から1年間変色を防止できシルバーの光沢が長持ちします。
 ただし、いぶし加工やつや消し加工がされているアクセサリーには使用しないでください。

樹脂系透明塗料スプレーでコーティングする いぶし加工の銀製品に特に効果的です

 銀製品にアクリル樹脂系透明塗料スプレーを吹き付け、
 シルバーの表面をコーティングすることによって外気を遮断し、銀の変色を防ぎます。
 いぶし加工を施した銀製品の色落ちや変色を防止するのに効果的です。

 シルバーアクセサリーが黒く変色してしまったら・・・

 ☆銀製品が黒く変色してしまった場合の対処法をご紹介します☆
 ☆それぞれの銀製品に適した方法で銀本来の輝きを取り戻してください☆
 ※きれいにした後は、変色の予防を忘れずに

ステンレスブラシでブラッシングする  比較的簡単な手入れ方法です

 梨地(つや消し)仕上げの銀製品に適した手入れ方法です。
 ステンレスブラシでブラッシングし、新しい銀肌を出すことによって綺麗になります。

ペースト状にした重曹をつけてこする 身近な道具でシルバーの手入れ

 変色したシルバーアクセサリーには重曹を研磨剤として使用する方法も有効です。
 重曹に少量の水を加えてペースト状にした物を変色したシルバーにつけ、指先や歯ブラシ等でこすります。
 または、湿らせた指先に重曹をつけてシルバーの変色部分をこすってもよいでしょう。
 綺麗になったら最後に水洗いをしてください。

シルバークロスで磨く 鏡面仕上げの銀製品にぜひお試しください

 鏡面仕上げのシルバーアクセサリーは、シルバークロスで磨いて綺麗にします。
 必要に応じて研磨剤(ウィノール等)を使用してもよいでしょう。

シルバークリーン(洗浄液)につける 酸に弱い製品には使用しないでください

 チェーンなど、形状が複雑で研磨できない製品に有効な方法です。
 シルバークリーンに数秒つけたあと水洗いします。
 ただし、いぶし仕上げの銀製品には使用しないでください。

 ご注意 
  ・お手入れ、保管に関してはご自身の責任の下で行ってください。
  ・薬剤や道具を使用する場合はそれぞれの取り扱い方法に従ってください。
  ・やり方によっては製品をいためる場合もありますのでご注意ください。
  ・万が一トラブルが発生しても当方では責任を負いかねます。
  ・ご紹介したお手入れ方法、保管方法については結果を保証するものではありません。

RSSATOM